エントランス





神経痛・しびれとは?

日本神経学会認定 神経内科専門医・指導医

日本ペインクリニック学会・神経障害性疼痛薬物療法ガイドライン

神経痛・神経障害性疼痛とは?
 ・神経そのものが障害されて起こる慢性的な痛みです
 
・触っただけでも不愉快な感じや,少しの痛みを過敏に感じることもあります.
 ・原因は数多くあり,脳や脊髄,末梢神経,どの部位でも発症します.

しびれとは?
 ・ジンジン,ビリビリで代表される不愉快な感覚です
 
・特に手や足の先に出現し,時間とともに徐々に広がっていくことが多いです
 
・急速にしびれが悪化する場合は緊急性の高い疾患である可能性があります.
 ・特に,突然発症した一側上下肢のしびれは,脳梗塞などの可能性があります.

しびれの原因は?
 ・糖尿病による神経障害はしびれの原因として多く,不眠などにつながります.
 ・手のしびれの原因は手根管症候群が多く,手首で神経が圧迫され発症します.
 
・頸椎症性神経根症などの頸椎の障害でも,しびれのみで発症します.
 
・両手足の先がしびれる場合(手袋靴下型)は多発神経炎と診断します.
 ・多発神経炎の原因は様々であり,内臓疾患や薬の副作用などがあります.

主な疾患
 
・手根管症候群:手首で正中神経が圧迫されておこる手掌のしびれ.
 
・頚椎症性神経根症:神経根の障害で起こる一側の肩や上腕の痛み,腕のしびれ.
 ・帯状疱疹後神経痛:帯状疱疹罹患後の後遺症としておこるしびれ.
 ・糖尿病性神経障害:糖尿病に長期罹患しておこる手足のしびれ.

 ・坐骨神経痛:臀部から大腿背面にかけての痛み,しびれ.

 ・ギラン・バレー症候群:両足から手に上向する麻痺,しびれ.

神経痛・しびれの治療
 ・まずはしびれの原因を正しく診断することが重要です.
 ・神経の電気活動を抑える薬(抗てんかん薬,リリカ,メキシチールなど)
 ・神経の修復を促進するビタミンB12療法
 ・頭の中で痛みを抑える機能を強くする薬(少量の抗うつ薬など)

 (当院では神経伝導検査を用い,末梢神経の評価を行っております.)
 (超音波検査による神経の評価:日赤整形外科,市民病院神経内科で施行.)