待合室







著書



































































































論文















































































































































学会発表













2018年5月現在

ムコール菌症.
EBMに基づく脳神経疾患の基本治療方針.
土井光,村井弘之,吉良潤一.
改定第3版2010.
メジカルビュー社.




多発性硬化症.
神経救急−見落とされがちな神経疾患を中心に.
E.中枢神経系の救急.
土井光,吉良潤一.
Clinical Neuroscience 2009;27: 931-933.




片頭痛治療におけるバルプロ酸血中濃度測定には
どのような意義があるのか.
バルプロ酸による片頭痛治療ガイドライン(暫定版).
土井光,藤木直人,山根清美.
日本頭痛学会 2012:38.




慢性連日性頭痛.医学のあゆみ.頭痛診療最前線.
よりよき頭痛診療をめざして.
土井光.
243巻13号(2012年12月29日発行).
医歯薬出版株式会社.




IFNβ1aにて良好な経過をたどり,片頭痛に適切に
対処することにより投与が維持できた1例.
多発性硬化症におけるアボネックス症例集.
土井光.
2013.医科学出版社.




慢性頭痛の診療ガイドライン2013.
慢性頭痛の診療ガイドライン委員会協力委員 土井光.
日本神経学会・日本頭痛学会.
2013年5月15日第1刷.
医学書院.




慢性連日性頭痛.
臨床家のための頭痛診療ガイドライン2013.
土井光.
Modern Physician.33巻10号(2013年10月1日発行).
新興医学出版社.




エビデンスに基づく脳神経看護ケア関連図.
執筆協力者 土井光.
2014年1月1日発行.
中央法規出版株式会社.





私の処方.
片頭痛発作:トリプタンとNSAIDsの使い分け・組み合わせ.
土井光
Modern Physician.34巻7号(2014年7月1日発行).
新興医学出版社.




診療の秘訣.
状況から判断する頭痛.
土井光.
Modern Physician. 35巻5号(2015年5月1日発行).
新興医学出版社.




頭痛.
神経内科 Clinical Questions & Pearls.
新規発症持続性連日性頭痛はどのような頭痛ですか?
土井光.
2016年5月25日発行.
中外医学社.




Immune-mediated spastic paraparesis accompanied with high titres of voltage-gated potassium channel complex antibodies and myokymia/fasciculation.
Saitoh BY, Hayashi S, Ogata K, Uehara T, Doi H, Watanabe O, Yamasaki R, Murai H, Kira J.
J Neurol Sci 2016;15:133-135.

Analysis of cerebral lobar microbleeds and decreased cerebral blood flow in a memory clinic setting.
Doi H, Inamizu S, Saito BY, Murai H, Araki T, Kira J.
Intern Med 2015;54:1027-1033.

著名な馬尾肥厚および増強効果を認め,円錐症候群をきたした中枢神経原発悪性リンパ腫
斎藤万有,土井光,荒木武尚
神経内科.第82巻3号(平成27年3月号); 336-338.

Distinct cytokine and T helper cell profiles between patients with multiple sclerosis who had or had not recieved inteferon-beta.
Doi H, Song ZY, Yoshimura S, Tateishi T, Yonekawa T, Yamasaki R, Murai H, Matsushita T, Kira J.
Clinical and Experimental Neuroimmunology 2014;5:321-327.

Japanese guidelines for fingolimod in multiple sclerosis: Putting into practice
Matsui M, Doi H, Tomioka R, Nakashima I, Niino M, Kira J
Clinical and Experimental Neuroimmunology 2014;5:34-38

脳神経障害を合併しMRIにて三叉神経の腫大・造影効果を呈した急性自律性感覚性運動性ニューロパチーの1例
内藤裕之,土井光,稲水佐江子,伊藤聖,荒木武尚
臨床神経 2013; 53: 125-130.

前兆のある片頭痛・反復性めまい発作を合併した遺伝性出血性毛細血管拡張症の1例
米川智,土井光,立石貴久,田中弘二,井浦とも,大八木保政,吉良潤一
臨床神経 2012; 52: 499-502.

Interleukin-7 receptor alpha gene polymorphism influences multiple sclerosis risk in Asians.
Fang L, Isobe N, Yoshimura S, Yonekawa T, Matsushita T, Masaki K, Doi H, Ochi K, Miyamoto K, Kawano Y, Kira J.
Neurology 2011; 76: 2125-2127.

Frostbite-like skin lesion as an autonomic symptom in patients with Isaacs’ syndrome.
Doi H, Arimura K, Ohyagi Y, Kira J.
Intern Med 2011; 50: 1113-1115.

Analysis of cerebrospinal fluid cytokines and growth factors in multiple sclerosis patients with and without chronic headaches.
Doi H, Matsushita T, Isobe N, Tateishi T, Kira J.
Neurology Asia 2011; 16: 51-56.

孤発性片麻痺性片頭痛を呈した全身性進行性エリテマトーデスの1例
土井光,立石貴久,河村信利,磯部紀子,大八木保政,吉良潤一
臨床神経 2010; 50: 332-334.

Reappraisal of brain MRI features in patients with multiple sclerosis and neuromyelitis optica according to anti-aquaporin-4 antibody status.
Matsushita T, Isobe N, Piao H, Matsuoka T, Ishizu T, Doi H, Masaki K, Yoshiura T, Yamasaki R, Ohyagi Y, Kira J.
J Neurol Sci. 2010; 291: 37-43.

頭部MRIにて広範な病変をみとめ,抗GAD抗体の関連が示唆された免疫介在性脳症の1例
小早川優子,立石貴久,河村信利,土井光,大八木保政,吉良潤一.
臨床神経 2010; 50: 92-97.

副交感神経障害を主徴としたMPZ遺伝子変異Thr124MetによるCharcot-Marie-Tooth病の1例
中村憲道,河村信利,立石貴久,土井光,大八木保政,吉良潤一.
臨床神経 2009; 49: 582-585.

Frequency of chronic headaches in Japanese patients with multiple sclerosis.
Doi H, Matsushita T, Isobe N, Ishizu T, Ohyagi Y, Kira J.
Headache 2009; 49: 1513-1520.

Mutimodality evoked potential study of anti-aquaporin-4 antibody-positive and -negative multiple sclerosis patients.
Watanabe A, Matsushita T, Doi H, Matsuoka T, Shigeto H, Isobe N, Kawano Y, Tobimatsu S, Kira J.
J Neurol Sci 2009; 281:34-40

Transient burning pain in the ipsilateral orbit as an initial manifestation of dorsal pontine hemorrhage
Doi H, Hashimoto S, Kira J.
Neurol Med-Chir 2009; 49: 206-208.

Hypercomplementemia at relapse in patients with anti-aquaporin4 antibody
Doi H, Matsushita T, Isobe N, Matsuoka T, Minohara M, Ochi H, Kira J.
Mult Scler 2009; 15: 304-310.

Hypercomplementemia at relapse in patients with anti-aquaporin4 antibody
Doi H, Matsushita T, Isobe N, Matsuoka T, Minohara M, Ochi H, Kira J.
Neurology Asia 2008; 13: 227-229.

多発性硬化症および抗アクアポリン4抗体陽性症例における補体系の検討
研究分担者 吉良潤一 共同研究者 土井光,松下拓也,磯部紀子,松岡健,三野原元澄,越智博文
「免疫性神経疾患に関する調査研究班」2008年度班会議報告書.

多発性硬化症患者における慢性頭痛の画像的.免疫学的検討.
研究分担者 吉良潤一 研究協力者 土井光,大八木保政,小副川学,松岡健,松下拓也,越智博文
「片頭痛に対する画期的治療法の開発に関する研究」班2008年度第2回班会議報告書.

側頭部有痛性索状腫瘤を呈し側頭動脈炎との鑑別を要した孤発性神経線維腫の1例
稲盛真人,土井光,立石貴久,松岡健,岩城徹,吉良潤一.
臨床神経 2009; 49: 27-31

多発性硬化症患者における頭痛の解析.
研究分担者 吉良潤一 研究協力者 土井光,大八木保政,小副川学,松岡健,松下拓也,越智博文
「片頭痛に対する画期的治療法の開発に関する研究」班2007年度第2回班会議報告書.

上咽頭癌への放射線治療14年後に緩徐進行性の四肢麻痺で発症した両側延髄傍正中梗塞の1例
土井光,重藤寛史,河野祐治,大八木保政,吉良潤一.
神経内科 2007; 67: 357-359.

Motor neuron disorder simulating ALS induced by chronic inhalation of pyrethroid insecticides
Doi H, Kikuchi H, Murai H, Kawano Y, Shigeto H, Ohyagi Y, Kira J.
Neurology 2006; 67: 1894-1895.

膀胱排尿筋尿道括約筋協調不全による高度の排尿障害を来たした筋萎縮性側索硬化症の1例
土井光,菊池仁志,村井弘之,結城康平,吉良潤一.
自律神経 2006; 43: 380-384.

A case of subacute combined degeneration (SCD) due to vitamin B12 metabolic disorder following polycythemia vera
Ohnishi S, Wate R, Zhang J, Doi H, Yagi A, Takabatake N, Shinde A, Nakano S, Ito H, Kusaka H.
Neuropathology 2004; 24: A56.

Transient eye and nose pain as an initial symptom of pontine infarction
Doi H, Nakamura M, Suenaga T, Hashimoto S.
Neurology 2003; 60:521-523.

IMZ-SPECT解析画像を用いた意味性認知症の検討
土井光 斎藤万有 米川智 荒木武尚
第56回日本神経学会学術集会(2015年5月20-23日)

興味ある臨床症状を呈した抗VGKC複合体抗体陽性3症例
土井光,稲水佐江子,斎藤万有,林信太郎,村井裕之,荒木武尚,有村公良,吉良潤一
第26回日本神経免疫学会学術集会(2014年9月4-6日)

Analysis of cerebral lobar microbleeds and decreased cerebral blood flow in a memory clinic setting
Doi H, Inamizu S, Saito BY, Murai H, Araki T, Kira J
Alzheimer's Association International Conference 2014 (July 13-17, 2014, Copenhagen, Denmark)

Analysis of cerebral lober microbleeds and decreased cerebral blood flow in a memory clinic setting
Doi H, Inamizu S, Saito BY, Murai H, Araki T, Kira J
Alzheimer Imaging Consortium 2014 (July 12, 2014, Copenhagen, Denmark)

物忘れ外来患者を対象にした微小出血と脳血流の検討
土井光,稲水佐江子斎藤万有,村井弘之,荒木武尚,吉良潤一
第55回日本神経学会学術集会(2014年5月21日)

Interferon-beta reduces peripheral blood IFN-gamma and IL-17-producing T cells in patients with multiple sclerosis.
Song ZY, Doi H, Yoshimura S, Tateishi T, Yonekawa T, Matsushita T, Kira J.

ケトン性高血糖に随伴したEpilepsia Partialis Continuaの1例
土井光,稲水佐江子,荒木武尚
第108回日本内科学会中国地方会(2013年6月1日)

多発性硬化症患者へのIFNβ投与によるCD4陽性T細胞への影響
土井光 宋子夜 松下拓也 米川智 真崎勝久 吉村怜 吉良潤一
第52回日本神経学会学術大会(2011年5月18-20日)

多発性硬化症,視神経脊髄炎におけるT細胞の免疫学的動態の解析
宋子夜 土井光 松下拓也 米川智 真崎勝久 吉村怜 吉良潤一
第52回日本神経学会学術大会(2011年5月18-20日)

Cytokine and T helper cell profiles in multiple sclerosis
Doi H, SY Song, Matsushita T, Isobe N, Masaki K, Kira J.
Third congress of the Pan-Asian committee for treatment and research in multiple sclerosis (PACTRIMS) (Aug 26-28, 2010, Bali, Indonesia)

MSおよびNMOにおける脳脊髄液中サイトカイン解析およびインターフェロンβによる影響
九州大学神経内科:土井光,松下拓也,立石貴久,磯部紀子,吉良潤一
第51回日本神経学会総会(2010年5月20,21,22日)

多発性硬化症患者へのインターフェロンβ導入による脳脊髄液中サイトカインへの影響
九州大学神経内科:土井光,松下拓也,立石貴久,磯部紀子,吉良潤一.
第22回日本神経免疫学会総会(2010年3月17,18,19日)

神経性疼痛・片頭痛特異的髄液分子マーカーの同定
研究参加者:土井光,松下拓也,河村信利,吉良潤一
平成21年度九州大学大学院痛み分子イメージングP&P研究会(2010年2月19日)

慢性頭痛を伴う多発性硬化症患者の脳脊髄液中サイトカイン分析
土井光,松下拓也,立石貴久,磯部紀子,大八木保政,吉良潤一
第37回日本頭痛学会総会(2009年11月28,29日)

抗アクアポリン4抗体陽性症例の再発期における高補体血症の存在
土井光,松下拓也,磯部紀子,松岡健,三野原元澄,越智博文,吉良潤一 第50回日本神経学会総会

多発性硬化症および高アクアポリン4抗体陽性症例における補体系の検討
土井光,松下拓也,磯部紀子,松岡健,三野原元澄,越智博文,吉良潤一 第21回日本神経免疫学会学術集会

多発性硬化症に伴う慢性頭痛の画像的・免疫学的解析
班員 吉良潤一 研究協力者 土井光,大八木保政,松岡健,松下拓也,三野原元澄,越智博文 「片頭痛に対する画期的治療法の開発に関する研究」班2008年度第2回班会議

多発性硬化症および高アクアポリン4抗体陽性症例における補体系の検討
班員 吉良潤一 研究協力者 土井光,松下拓也,磯部紀子,松岡健,三野原元澄,越智博文 難事性疾患克服研究事業「免疫性神経疾患に関する調査研究」班2008年度班会議

Hypercomplementemia at relapse in patients with anti-aquaporin-4 antibody
Doi H, Matsushita T, Isobe N, Matsuoka T, Minohara M, Ochi H, Kira J. First congress of the Pan-Asian committee for treatment and research in multiple sclerosis (PACTRIMS) (Nov 21-22, 2008, Kuala Lumpur, Malaysia)

日本人多発性硬化症患者における慢性頭痛罹患率の検討
九州大学神経内科:土井光,松下拓也,松岡健,三野原元澄,吉良潤一 第36回日本頭痛学会総会

側頭部有痛性索状腫瘤を呈し側頭動脈炎との鑑別を要した孤発性神経線維腫の一例
九州大学神経内科:土井光,稲盛真人,立石貴久,河村信利,松岡健,岩城徹,吉良潤一 第282回日本内科学会九州地方会

多発性硬化症における慢性頭痛の罹患率およびその病態の検討
九州大学神経内科:土井光,松岡健,松下拓也,越智博文,三野原元澄,大八木保政,吉良潤一 第49回日本神経学会総会

側頭部痛・三叉神経痛を呈した孤発性頭蓋外神経線維腫の一例
九州大学神経内科:稲盛真人,土井光,河村信利,立石貴久,松岡健,鈴木諭,岩城徹,大八木保政,吉良潤一 第10回福岡神経内科疾患研究会

多発性硬化症患者における頭痛の解析
班員 吉良潤一 研究協力者 土井光 大八木保政 小副川学 松岡健 松下拓也 越智博文 「片頭痛に対する画期的治療法の開発に関する研究」班2007年度第2回班会議

同側一過性顔面痛を初発症状として発症した橋出血の症例
九州大学神経内科:土井光 吉良潤一 天理よろず相談所病院 白川分院:橋本修治 第35回日本頭痛学会総会

口部自動症が初発症状と考えられた抗GAD抗体陽性のStiff-person症候群の一例
九州大学神経内科:重藤寛史 高瀬敬一郎 萩原剛一 藤木亮輔 土井光 吉良潤一 浜の町病院神経内科:姫野恵理 佐竹真理恵 あすか神経内科クリニック:町ミチ 第41回日本てんかん学会

慢性特発性血小板減少性紫斑病の経過中、多発性皮質下出血により顕在化した全身性エリテマトーデスの1例
社会保険下関厚生病院脳神経内科:土井光,徳永秀明,三田洋,由村建夫 第176回日本神経学会九州地方会

上咽頭癌への放射線治療14年後に発症し脊髄炎と鑑別が困難であった延髄梗塞の一例
九州大学神経内科:土井光,重藤寛史,河野祐治,大八木保政,吉良潤一 第273回日本内科学会九州地方会 第6回福岡脳卒中フォーラム

ピレスロイド系殺虫剤による運動ニューロン症候群の一例
九州大学神経内科:土井光 菊池仁志 村井弘之 河野祐治 重藤寛史 谷脇考恭 吉良潤一 第172回日本神経学会九州地方会

排尿障害を伴う筋萎縮性側索硬化症の一例
九州大学神経内科:土井光 菊池仁志 結城康平 長柄祐子 村井弘之 河野祐治 谷脇考恭 吉良潤一 第58回日本自律神経学会総会

家族性筋萎縮性側索硬化症のおけるGRP78の免疫組織学的検討
関西医科大学神経内科:和手麗香,伊東秀文,張健華,土井光,大西静生,中野智,日下博文 第45回日本神経学会総会

意識障害と脊髄症を来たした真性多血症の一例
関西医科大学神経内科:大西静生,和手麗香,張健華,土井光,八木彩香,高畠望,新出明代,伊藤恒,中野智,伊東秀文,日下博文 第45回日本神経病理学会総会

神経症状を伴う化膿性脊椎炎の臨床的検討
天理よろず相談所病院神経内科:土井光 西尾圭子 国枝武伸 小松恵美 寺田由紀 中村道三 末長敏彦 橋本修治 第78回日本神経学会近畿地方会

顔面痛で発症した橋の血管障害例の検討
天理よろず相談所病院神経内科:土井光 国枝武伸 中村道三 末長敏彦 橋本修冶 第43回日本神経学会総会

精神症状にドネペジルが著効した、レビー小体型痴呆と考えられる一例
天理よろず相談所病院神経内科:土井光 西尾佳子 国枝武伸 小松恵美 寺田由起 中村道三 末長敏彦 橋本修冶 第2回奈良痴呆研究会

SAPHO症候群を合併した、PSPと考えられる一例
天理よろず相談所病院:土井光 畑中めぐみ 中村道三 末長敏彦 橋本修治 第10回奈良パーキンソン病研究会

多発性脳梗塞、Livedo reticularis、急性腎障害を呈した一例
天理よろず相談所病院神経内科:土井光 小松恵美 畠中めぐみ 和田裕子 中村道三 末長敏彦 橋本修治 総合内科:山田優子 郡義明 医学研究所:小橋陽一郎 奈良県立医科大学輸血部:松本雅則 八木秀男 石指宏通 第87回大阪神経内科の集い

顔面痛を前駆症状として発症した、橋の血管障害例の検討
天理よろず相談所病院神経内科:土井光 国枝武伸 中村道三 末長敏彦 橋本修冶.
平成13年度京都大学神経内科同門会研究会 第1回奈良神経内科セミナー

家族性膵炎の一家系における臨床的検討
神戸市立西市民病院:土井光 本多麻衣子 切塚敬治 丹治義治 森寺邦三郎 .
2000年度日本内科学会近畿地方会

興味ある経過を示した1型糖尿病と考えられる一例
神戸市立西市民病院:土井光 本多麻衣子 切塚敬治 丹治義治 森寺邦三郎.
第13回神戸臨床成人病懇話会